次世代のコンテンツマーケティング?ファンとコンテンツの共創を実現するコミュニティマーケティングとは

“コンテンツマーケティング”という言葉が重要視されるようになり数年が経ちました。もはや自社でオウンドメディアを抱えてマーケティング施策の一つとするのは珍しいことではありません。しかし、正しくオウンドメディアを運用し、成果を出せていると自信を持って言えるマーケターはどれくらいいるでしょうか?
そんな中、次世代のコンテンツマーケティングとして”コミュニティマーケティング”というキーワードが注目されつつあります。
この記事では、従来のコンテンツマーケティングと比較しながら、コミュニティマーケティングとは何かということを簡単にご紹介していきます。

これまでのコンテンツマーケティングの問題点

正しいコンテンツを正しいターゲットに届ける難しさ

コンテンツマーケティングの難しいところは、当たり前のことかもしれませんが、「正しいコンテンツ」を「正しいターゲット」に届けるという点です。自分のターゲットが何者であり、どんなコンテンツを欲しているのか…たとえわかっていてもそういったコンテンツを量産して安定的な運用をしていくことは簡単なことではありません。

バイラルするコンテンツを作り出す難しさ

SNSの登場と普及によって一つのコンテンツの拡散は容易になりました。しかし、必ずしも自分たちが用意したコンテンツがバイラルするとは限りません。自分たちが発信したい情報に偏ったコンテンツはうまく構成しないと拡まりづらく、逆にバイラルしやすい記事は読み手にとっては面白くても、直接よい結果に結びつきづらかったりします。たとえば純粋な技術記事などが挙げられます。

コンテンツを作り続けるコスト

コンテンツマーケティングでは良質なコンテンツを発信し続けなければいけません。継続的なコンテンツの発信があってはじめてマーケティングとしての効果を発揮しだします。しかし、コンテンツ作成代行業者が現れるほどに自社でコンテンツを作成し続けるのにはコストがかかります。そのためコンテンツの量を増やすのと比例して作成コストがかかります。

コミュニティマーケティングとは

コミュニティマーケティングとは、簡単にいうと”口コミ”を利用したオフライン起点のマーケティング施策に近いです。「ファンがファンを作る仕組み」といってもよいかもしれません。そのサービスや企業のファン同士が集まり、ファン同士が形成するコミュニティの中で、サービスや商品の認知を高めたりします。

正しいコンテンツを正しいターゲットに届ける難しさを解決する

コンテンツマーケティングは、「魅力的なコンテンツをユーザーに向けて発信し、それとともに自社製品に興味を持ってもらい、最終的には購買してもらう施策」といえます。対してコミュニティは「コンテンツの作成」と「コンテンツの発信」が、製品やサービスの「ファン」で構成されるコミュニティ内部から繰り返し起こるプラットフォームといえます。

企業がコンテンツを作るのではなく、ファンと一緒にコンテンツが共創されていく

つまり、 コミュニティマーケティングでは、 企業がコンテンツを作成して一方的に流すのではく、ファンもコンテンツを作成し、一緒に拡散してくれる のです。
本当の意味で当事者が作るコンテンツは、企業が独りよがりに作るコンテンツよりも魅力的でしょう。

まとめ

コミュニティマーケティングについて、少し理解が深められたでしょうか?ファンがファンを作るだなんて、まるで夢みたいだと思われるかもしれません。もちろんコミュニティが自走するまではある程度の期間がかかりますし、企業側のハンドリングも必要です。まず何から始めたらいいのか?うまくいかせるコツは?これから当ブログではコミュニティマーケティングに関するいろはを定期的にご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

また、MOONGIFTではBtoB向けコミュニティ構築支援を行なっています。興味のある方はぜひお気軽にご相談ください。